プロペシアでAGAからオサラバ

プロペシアの副作用や注意事項について説明します

プロペシアの副作用と注意事項

プロペシアの副作用と注意事項

AGAの治療薬として販売されているプロペシアですが、医薬品となっているため、効き目を感じ始めたと共に副作用が発症する場合があります。また使用する際には、誰しも使用していいわけでは無いため、注意しなくていけません。

プロペシアの副作用

プロペシアを服用し有効成分が浸透していくことで、引き起こされる副作用がございます。それは、発疹やめまい、抑うつ症、睾丸痛、精液の質低下(無精子症、精子濃度減少など)、肝臓機能障害などが引き起こされたと報告されています。

ED(勃起不全)や性欲減退

プロペシアを服用し有効成分が浸透していくことで、引き起こされる副作用がございます。まず、リビドー減退です。これは俗に言う、性欲減退のことです。それに伴い、勃起不全(ED)を引き起こす場合もございます。この2つが多く報告されています。

気になる場合は必ず病院へ

副作用があまりにも激しく、気になってしまう場合は、薬剤の投与を直ちに止め、専門のクリニックや医療機関へ受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

プロペシアの注意事項

肝臓機能障害のある人は、この薬剤を使用する場合は、安全性が確認されていないため、服用後に身体に異常が起きる可能性がございますので、必ず専門の医師へ相談して医師の指示に従うようにしましょう。また、薬剤を粉砕したり、分割したりしないようにしましょう。

女性(特に妊娠、授乳中)は絶対にダメ

プロペシアは男性の進行性の脱毛症に効果のある薬剤となっているため女性は服用しないようにしましょう。特に妊娠中の人や授乳中の人は、DHT(ジヒドロテストステロン)の作用によって、胎児(男児)の生殖器官などの発育に悪影響を及ぼす恐れがございます為、絶対に服用しないでください。

まとめ

プロペシアは、医薬品となっているため、当然副作用が発症することもございます。副作用の症状があまりにも強い場合は、必ず専門医師へ相談しましょう。また、服用してはいけない人や、服用するにあたって注意が必要な人もいらっしゃいますので、前もって確認して、安全に使用するようにしましょう。