プロペシアでAGAからオサラバ

プロペシアの値上げについて説明します

プロペシアが全体的に値上げに

プロペシアが全体的に値上げに

AGAの治療に効果があり人気の高いプロペシアですが、日本国内の薄毛専門のクリニックや皮膚科などの医療機関では、2018年4月1日から大幅に値上がりしております。プロペシアの処方だけではなく、診療にもお金は掛かってしまいます。ですが、日本国内では、AGA治療は健康保険の適用外となっているため、すべての治療費を自身で負担しなくてはいけないため、AGA治療をしたい方にプロペシアの値上げは大きな衝撃となりました。

薬価が値上げに

プロペシアは医療機関にて値上がりしましたが、薬価自体も値上がりしております。今現在、プロペシアを購入しようと思えば、28錠入りで約8,000円程の薬価となっているので、その分、処方される料金も値上がりしています。そのため、AGA(男性型脱毛症)を治療したくても、AGAの治療薬は継続して使用する必要があるため、そうするとどうしても高い治療費がかかってしまい、経済的に厳しくなると悩んでいる方が多いです。

ジェネリックがオススメ

新薬(先発医薬品)となるプロペシアが値上がりしてしまい、AGAの治療に頭を抱えているかたもいるかと思います。そんな方におすすめできるのが、プロペシアのジェネリック(後発医薬品)です。プロペシアのジェネリック医薬品は、プロペシアと同じ有効成分となるフィナステリドをプロペシアと同じ量使用して製造された薬剤となります。そのため、プロペシアと同等の効果を得ることができ、安全性も高いです。ジェネリック医薬品は値上げすることはないため、リーズナブルな価格で購入することができます。

通販で安心価格のジェネリックが買える

プロペシアのジェネリック医薬品は、通販サイトを利用することで、他のルートを使って購入するよりも、はるかに安く購入することができます。海外通販サイトを利用する際は、個人輸入代行ショップが運営するサイトを介して購入することをオススメします。ジェネリック医薬品ですと、1錠あたりの価格が35~70円ほどのリーズナブルな価格で提供されていますし、商品の取り扱いも多く自身にあった商品を見つけられるでしょう。

まとめ

新薬(先発医薬品)のプロペシアは、AGAの治療を考えたことのある方からの知名度が最も高く人気のある薬剤ですが、日本国内の医療機関での処方は、2018年4月1日から値上げしてしまいました。それに伴って、プロペシアのジェネリック医薬品を使用する方が増えてきております。ジェネリック医薬品は、新薬と同等の有効成分を使用していて大きな差はない効果と安全性を兼ね備えており、さらに製造費を抑えているためリーズナブルな価格で購入することができます。更に、海外通販サイトを介して薬剤を購入することで手間を掛けずに治療費も抑えてAGAの治療を行うことができるためオススメです。