プロペシアでAGAからオサラバ

プロペシアはAGA治療薬です

プロペシアはAGA治療薬

プロペシアはAGA治療薬

「プロペシア」は、主に男性の薄毛に対して効果のあるAGA(男性型脱毛症)治療薬となります。成人した男性によく見受けられる髪の毛が薄くなる状態のことで、この薄毛に関しても、頭頂点部分の髪、もしくはおでこの生え際のどちらかか、双方から薄くなっていく傾向にあり、それは人それぞれ違います。この状態の場合に、改善を促す薬剤を使用することで、薬剤に含まれている有効成分のフィナステリドの効果によってこのAGA(Androgenetic Alopecia)と言われる「男性型脱毛症」に効果をもたらします。

プロペシアとは

AGA(男性型脱毛症)でお悩みの方はこの薬剤の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ではこの薬剤は一体どのような効果があるのかをここではご紹介していきます。

まず、AGA(男性型脱毛症)の症状の元となる原因として、男性ホルモンとなるテストステロンが身体内で5αリダクターゼという還元酵素に結合され、発毛を制止させる作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化することによって引き起こされます。これに対し、薬剤に含まれているフィナステリドという有効成分が、5αリダクターゼに働きかけ、DHT(ジヒドロテストステロン)の育成を阻害し、AGAの進行を抑制させると考えられております。

有効成分は元々前立腺肥大症の治療薬

この薬剤に含まれている有効成分のフィナステリドは、現在は、薄毛や抜け毛などの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を制止させる効果が期待できますが、元をたどれば前立腺肥大症を治療する薬剤として開発されておりました。この有効成分には前立腺を小さくする作用があり前立腺肥大症の症状を軽減させる作用も期待できましたが、この前立腺肥大症の治療薬としては即効性に欠けるため、日本国内では厚生労働省の認可が下りず、今現在ではAGAの治療薬として利用されています。

AGA治療薬とは

AGAとは、脱毛ホルモンにより抜け毛の量が増えるタイプと、生活習慣の乱れや加齢により毛を育てる力が衰えるタイプの大きく分けて2つのタイプに分類されます。そのため、AGAになってしまった要因にあわせて治療薬を使用することが大切です。AGAを改善させるためには、2種類の治療薬を使用します。まず1つ目は、抜け毛の原因である脱毛ホルモンをコントロールすることで薄毛の進行を防ぐタイプです。2つ目は、毛を育成させる細胞や、そこに栄養を流す血流を増進させ、発毛の力を高めるタイプです。基本的には飲む(薬剤)タイプのプロペシアやザガーロ、アボルブや、塗り薬タイプのロゲインやミノタブなどがございます。AGA治療をするには、自分がどのタイプに分類されるのか、どの治療薬を必要とするのかを理解したうえで使用するとより改善されることでしょう。

若い人でもAGAになる

薄毛や抜け毛で悩みを抱えているのは、ある程度歳を重ねた成人男性だけではございません。最近では、10代の若い男性にもAGAの症状に気付き悩みを抱えている人は意外と多いのです。若い男性のAGAの要因としては、遺伝的な要素が多いと考えられています。親がAGAである人と、そうでない人と比べると、親がAGAと言う人のAGAの発症率は比較的高くなります。また、ストレスや運動不足、睡眠不足などもAGAが引き起こされるきっかけとなっております。加えて、食生活が偏っている人もこの症状が発症する確率が高いです。

病院で処方してもらえる

この治療薬は、日本国内にある一般の病院と、AGAの専門病院にて専門医師に診察してもらうことで処方してもらえます。ですがこの治療薬には、厚生労働省が定めている医療保険に適応される治療薬がないため、健康保険が適用されません。薄毛や抜け毛などの治療は、美容整形と同分類に分けられている為、命に関わる治療ではないことで健康保険が適用外となっています。一般の病院や頭髪専門の病院にて処方される治療薬は種類が色々とあるため、お値段も異なります。病院に受診することでご自身にあった治療薬で治療が出来ることでしょう。

AGAは治療できる

AGAは、進行型の脱毛症となります。治療せずに放置しておくと、どんどん症状が進行してしまい、治療を始める時期が遅ければ遅いほど改善への道のりも遠くなっていくばかりです。AGAは20~30歳にかけて症状が現れはじめます。その期間に薄毛になる心配はないと油断せずに、早いうちから治療を始めるといいでしょう。AGAは、飲み薬のプロペシアを服用することで症状の改善に期待ができます。あわせてミノキシジルを塗り、ダブル使いすることでより効果を発揮し、AGAの改善を促します。

まずは病院へ行こう

薄毛や抜け毛などの症状が気になり始めたら、まずは頭髪専門のクリニックへ受診するといいでしょう。一般の病院を受診した場合は、AGA治療薬となるフィナステリドを処方されるだけというパターンが殆どですが、この薬剤だけだと、現状維持は望めますが、それ以上は望めません。それに比べ、頭髪専門のクリニックだと、治療薬の処方はもちろんですが、セラピーや植毛など行なってくれるため、より積極的に治療をすることが出来ます。

AGA治療薬の種類

この症状に効果のある治療薬は一種類だけでありません。飲み薬(薬剤)や塗り薬などいくつか種類が販売されていて購入することが出来ます。これらは、一般の病院や専門店、または個人輸入代行ショップが運営するインターネット通販サイトなどを介して入手する事ができます。代表的な治療薬として、「プロペシア」「ザガーロ」「ミノキシジル」の三種類の効果や特徴、持続時間、服用のタイミング、使用方法、お値段、副作用などについてご紹介していきます。

プロペシアとは

「プロペシア」とは、finasteride(フィナステリド)という有効成分を使用した進行性の脱毛症の治療に効果が期待できる医薬品です。日本国内では、2005年に製造販売をする承認を得て、2015年12月中旬より日本国内にて販売開始となりました。この薬剤は、日本国内にある頭髪の専門店などで購入する際は、全国的に値上がりしています。ただし、ジェネリック医薬品に関しては値上げされる心配は無いのでご安心くださいませ。

ミノキシジルとは

「ミノキシジル」とは、進行性の脱毛症における発毛や抜け毛の進行を予防する効果のある有効成分です。この薬剤は開発当時、血管拡張薬(狭心症治療薬)として開発されていたところ、その副作用として全身の多毛症が引き起こされたことが確認されて、その試験が実行されたことで脱毛症にも効果が期待できると1980年代に認められ販売されました。今現在では、薄毛の治療に効果が期待できる薬剤として、この有効成分が含まれた発毛剤が多く販売されています。この薬剤は、使用することで、毛母細胞に直接的に働きかけ、毛母の細胞分裂の促進を図り、髪の成長を早めさせる働きを致します。

ザガーロとは

「ザガーロ」とは、dutasteride(デュタステリド)という有効成分を使用した進行性の脱毛症の治療に効果が期待できる医薬品です。日本国内では、2015年9月下旬に厚生労働省より製造販売をする承認を得て、2016年6月中旬より日本国内にて販売開始致しました。ザガーロは、進行性の脱毛症の改善に効果のある治療薬となります。そしてザガーロは、プロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬といわれ注目を集めています。ザガーロは開発当時、前立腺肥大症の治療薬として開発が進められていました。しかし、その治療薬には薄毛への改善効果があることが確認されたため、ザガーロが販売されることになりました。

まとめ

「プロペシア」は、進行性の脱毛症に悩んでいる方へ効果のある医薬品です。この薬剤に含まれる有効成分のfinasteride(フィナステリド)が、薄毛や抜け毛の要因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)を制止させる働きがあります。開発時には、この有効成分が前立腺肥大症の症状に対して改善効果を期待され開発されておりましたが、それよりも、薄毛や抜け毛の治療に効き目が十分にあると厚生労働省から製造・販売の承認が得られ、今ではAGAの治療薬として認知されるようになっております。